日本・海外 競馬ヒストリア
日本だけでなく海外競馬に目を向けてみよう

海外競馬の主要レースに日本は入っていません

主要レース

海外競馬の主要レースには、残念ながら日本は入ってはいません。一応日本は競馬のパート1に分類され、トップクラスの国として世界から認知され、ジャパンカップという国際G1レースが開催されています。しかしジャパンカップには、最近世界のトップホースは参加してくれません。

なぜなら日本の馬場は特殊で異様に軽く、スピードが求められるからです。一方ヨーロッパの馬場は重く、あまりスピードは要求されません。ですから日本馬には勝てる可能性が低いとばれてしまったため、トップホースは参戦しないのです。

その代わり今は香港が、アジアでの主要レース開催国として認知されています。日本よりも馬場が重く、検疫も日本よりも緩めだと言われています。アメリカのように一日でG1レースを何レースも行うなど、世界的競馬イベントとしても大成功を収めています。日本からも春や秋の国内のG1レースに見向きもせず、香港を目指す馬もたくさんいます。ジャパンカップは、優勝賞金を3億円までアップさせても海外からは見向きもされません。真の競馬の国際化とは何かを考える時期に来ているのです。

海外競馬に賭けるならブックメーカーのオッズをチェック

ブックメーカー

海外競馬に賭ける場合、ブックメーカーのオッズをチェックするようにしてください。ブックメーカーは還元率が高いので同じレースでもオッズが高い場合が多々あります。これは海外競馬に限ったことではなく、日本国内のレースでも、JRAよりもブックメーカーのオッズの方が有利な傾向があります。

ブックメーカーはインターネットで賭けるので、JRAなどのように維持費がなく、人件費も少ないので高オッズを提供できるのです。ブックメーカーの始め方はとても簡単です。パソコンかスマホさえあれ、いつでも好きな場所で賭けることが可能です。凱旋門やドバイなど海外の主要レースでは、ブックメーカーで賭けている日本人ユーザーは多数います。

ブックメーカー 海外競馬の事なら、下記のサイトがとても参考になるので読んでみてください。
出典: http://www.keibafansportsbookmaker.net/

海外競馬にランキングは存在するのか

ランキング

海外競馬には、ランキングに相当する指標が存在します。競馬はサラブレッドが走るブラッドスポーツであるため、それぞれの国に対してランクを付けるようなことはしません。あくまでもサラブレッド単体に対してランク付けを行って、それをだれでも閲覧することができるようになっています。このランキングには、日本のサラブレッドも含まれていますので、参考にする人はとても多いです。

では、どのようにしてこうしたサラブレッドのランク付けが行われるのでしょうか。実は、それぞれのレースやサラブレッドには、レースやサラブレッドを格付けするための指標としてレーティングというものが与えられます。

例えば、近年で最も高いレーティング与えられているレースは凱旋門賞というレースであり、つまりこのレースに勝てば世界で最も強いサラブレッドであるという評価を貰いやすくなっているわけです。海外競馬では、レーティングを基準にハンデを付けますので、このランキングはとても重要になります。

日本馬の海外競馬での重賞挑戦の歴史

重賞

日本の競走馬による遠征は、1909年にロシアで行われた日露大競馬会が最初と言われています。本格的な遠征は1958年、当時の日本最強馬で日本ダービー、天皇賞、有馬記念を勝っていたハクチカラによるアメリカ遠征です。一般戦でも苦戦し続けましたが、とうとう11戦目のワシントンバースデーハンデキャップで、日本馬による海外初勝利を重賞制覇で成し遂げます。

その後、ワシントン国際への招待により、1962年から80年まで当時の日本の一級馬が参戦するも、スピードシンボリの5着が最高でした。天皇賞、宝塚記念と有馬記念を2回勝ったスピードシンボリほどの馬でさえ勝つどころか勝負にもならない状況でした。

それからも日本馬の海外挑戦は続けられましたが、世界の厚い壁は越える事はできません。しかし、それまでの経験や日本馬の質が上がったこともあり、1995年にフジヤマケンザンによる実にハクチカラ以来36年ぶりの海外重賞制覇が、香港国際カップの勝利によりなされます。1998年にはシーキングザパールがモーリス・ド・ゲスト賞で日本調教馬による初の欧州G1競走制覇を果たすなど、その後の日本馬の覚醒と活躍は目覚ましく、日本馬の海外G1制覇も珍しいことでなくなりました。

凱旋門賞の制覇も夢ではなくなった今の日本競馬の状況に至るには、先人たちの夢に賭けた絶え間ぬ努力があったことは忘れてはいけません。

JRAよりもオッズの高いブックメーカー

ブックメーカーで提示されるオッズは平均してJRAよりも高い傾向にありますが、なぜそうなるかというとそれぞれの仕組みの違いにあります。

JRAは売上から25パーセントを手数料として引いた後に残りの金額を払い戻すのに対して、ブックメーカーは独自に各馬券の勝率を考慮してオッズを提示することになります。

そして、JRAは独占で馬券を販売するのに対してブックメーカーは複数の同業者がいるのでライバルに勝つためには、少しでも高配当を狙えるようにしなければなりません。

わざわざ当たったときの払戻が少ない場所から買う人はいませんから、利用者はより有利な場所から馬券を購入しようとします。

このような仕組みになっていることから競争が生まれることになり、ブックメーカーはJRAよりも有利に勝負をすることができるようになっているのです。

ただし、あくまでも平均しての話であることとブックメーカーでは賭けた時点でのオッズで勝負をするという仕組みであるため、場合によっては逆転をすることがあるので馬券を購入するときには比較をしながらどちらで買うかを決めることが大切です。

同じ馬券を購入するのであれば、少しでも有利になる場所を選んで購入をしましょう。